« ジャケット | トップページ | 串揚げ好き »

2015年12月17日 (木)

東南アジア料理





ぼくのエリ 200歳の少女は、素晴らしい映画でしたね。

当面ぼくのエリ 200歳の少女をかみしめてますね。

笑顔になれるシーンを少しでも製作しているとことがぼくのエリ 200歳の少女の長所だと思います。

ぼくのエリ 200歳の少女が始りで、カーレ・ヘーデブラントを知ることが出来ました。

カーレ・ヘーデブラントはぼくのエリ 200歳の少女のキャラがすばらしかったです。

カーレ・ヘーデブラントは他の役者を助けてあげたりと、普段から優しい人なんだと知りました。





友達の家の高尾山口にある、昔からいく店で食事をしました。

座ってみると心地の良いにおいがしてました。

東南アジア料理を頼んだところ、柔らかくて食べた後に癒しをくれます。

話しやすくて顔を向けて接客をしてくれたので、店長のイメージがトータルして最高でした。

その場所が魅力的なので一人ではなく、友人と来店するのもありですよね。





« ジャケット | トップページ | 串揚げ好き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919409/63008973

この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジア料理:

« ジャケット | トップページ | 串揚げ好き »

無料ブログはココログ